【忖度なし】ペッレモルビダの2つ折り財布を本音で語る

どうも、財布はキャッシュレス化に合わせて財布なコンパクトがおすすめのブロガーのtomoです。

現在、多くのメーカーが2つ折りや3つ折りなどの財布に力を入れています。

tomo
tomo

でも、長く使えるレザーの上質な財布が使いたいですよね…。

そんな僕のような悩みは、さまざまな選択肢がありますがPELLE MORBIDA(ペッレモルビダ)にしておけば間違いありません。


ペッレモルビダを企画・製造しているのは、日本最大級のファッション輸入会社であるウエニ貿易。

トレンドや素材などファッションのさまざまな事を熟知しています。さらに、ディレクターにはファッション雑誌でもお馴染みの干場義雅氏

引用 https://www.imn.jp/post/108057198328

そんなペッレモルビダは、成熟した大人にふさわしい「優雅な船旅」をブランドのキーワードに上質なアイテムを提案しています。財布のメインシリーズは、「Barca」。

Barca(バルカ)とは、イタリア語で“ボート”。小型補助船のテンダーボートのようにこの小さな船は大型客船ペッレモルビダ号にも必要不可欠な存在です。

様々な素材を使用しているため、好みやシーンに合わせて選ぶことができる財布・革小物のコレクションになっています。

そこで本記事では、定番の2つ折り財布の外観とサイズ・仕様、デザインを紹介していきます。

メリット

  • 上品な型押しと柔らかい肌触り
  • ポケットに入れやすいサイズ
  • 色展開が豊富

デメリット

  • 入れすぎると分厚くブサイク
  • 少しサイズが大きい


この記事の著者

ファッションブロガー

TOMO

トモ

プロフィール

今まで服に使った金額が「1000万超え」の、 三度の飯より服が好きなブロガーのtomoです! 私は、古着やドメスティックブランド、インポートブランドまで様々な服を実際に買って着てきました。 その経験を元に200以上のブランドをブログで解説しています。 今では月に3万人以上の方に読まれているブログを運営しています!




ペッレモルビダの財布の見た目と仕様

ペッレモルビダのBA304-コンパクトウォレットは、シンプルに見えてかなり機能性を考えたデザイン設計になっています。

本体素材:牛革(型押し)
本体サイズ:H9.5×W11.5×D2cm
重さ(g):83g
札入れ:仕切り×1
収納部分:小銭入れ(ボタン式)×1/カード入れ×4/ポケット×3
生産国:日本

仕様は、小銭入れ(ボタン式)×1/カード入れ×4/ポケット×3を搭載。

お札の部分にも仕切りがついていて、金額によって分けることもできたり、海外旅行で外国の紙幣と日本の紙幣をキレイに分けることにも使えます。

メインカード入れと小銭入れの裏には、使わないカードをまとめて入れることのできるポケットがついています。

小銭入れにはマチが付いているので、中が見やすく多くの小銭が入ります。

使われている素材は、柔らかい肌触りの牛革(型押し)を使用。

この革は、古くからタンナーが多い街として有名なイタリア・ピサのサンタ・クローチェ・スッラルノで1971年に創業したCONCERIA NUOVA OVERLORD S.P.A.(ヌォーヴァ オーヴァーロード)のものが使われています。

引用 https://www.concerianuovaoverlord.com

創業以来、レベルの高いスタッフの手によって生み出される品質の高い革は、その表情の良さや感触、そして強度にも定評があります。積み上げてきた技術に加え新しいスタイルを求め続ける探求心、環境への配慮、使う人が安全に使えることを追及する姿勢など、その企業文化もヨーロッパの高級メゾンからも評価されています。

引用 https://www.concerianuovaoverlord.com

Barcaのこのアイテムには外革にヌォーヴァ オーヴァーロードの牛革を使用しています。ニュージーランド原皮をクロム鞣しで仕上げることで、柔軟性を加えました。上品な型押しと柔らかく繊細な肌触りとなっています。

素材違いで、今回紹介したもの以外に、フランスの名門タンナーの最高級レザーその素材でバイカラーのも、サフィアーノレザーのモデルもあります。

引用 https://www.youtube.com/watch?v=eOtZH3pWQl0

ペッレモルビダの財布の本音レビュー

実際に僕自身が使っているペッレモルビダの2つ折り財布について、忖度のないレビューをお伝えします。

注目

結論をまず言うと、素材感は柔らかく◎。サイズ感は、少し大きいが不便はない。

だが、小銭やカードを入れすぎるとブサイクになる。

素材感やデザインについて

ペッレモルビダは、イタリア語で「柔らかい肌(革)」から付けられているように素材感は、大満足です。

高級感があるモダンなデザインでありながら、肌触りはソフトでずっと触っていたくなります。

個人的にイチオシのポイントは、細部までキレイに仕上げられているところ。

例えばコバの部分は、滑らかに美しく仕上げられています。さらに縫製についても同色の糸で、目立たないようにキレイに縫われています。

細かいところまでこだわって作られているので、デザインは本当に気に入っています。

サイズ感について

サイズ感に関しては、他のブランドの2つ折りよりも少し大きくなっています。お札を入れても下記ぐらい、余裕が生まれます。

その理由は、海外の紙幣やエアチケットなども収納できるようにデザインされているのだと思います。

ブランドのコンセプトにあるように”旅の理想形”を具現化しているのだと思います。

やや大きいサイズですが、パンツのポケットに入れやすいので気になりません。

前のポケットでも難なく入ります。

入れすぎは注意

ただ注意点は、カードや小銭を入れすぎと見た目がブサイクになること。

不要なカードもまとめてポケットに入れてしまうと、厚みが出てしまいます。

さらに小銭もマチがあるのでいっぱい入ります。ですが、入れすぎるとさらに分厚くなります。

せっかくスリムでコンパクトな見た目なのに台無しになってしまいました。

なので、できればカードはよく使うものを4枚だけでにして、コインポケットは使わず別でコインケースを持ちましょう。

すでに持っているものでも良いですし、ペッレモルビダのコインケースで揃えるのもおすすめです。

ペッレモルビダの財布はこんな人におすすめ

ペッレモルビダの2つ折り財布は「ポケットにスッポリ入るサイズで高級感のある財布がほしい人」におすすめです。

ややサイズが大きく入れすぎると分厚くなってしまうという弱点はあるものの、旅行や出張などでもエアチケットや海外の紙幣や領収書もキレイに収納することができます。

できれば別でコインケースカードケースを持つほうが、見た目もスマートでおすすめ。

ただ、もっとお手入れ不要にしたいならサフィアーノレザーのモデル、もっと革の質感をリッチにしたいならフランスの名門タンナーの最高級レザーのモデルが優秀です。

ペッレモルビダの財布レビューまとめ

本記事ではペッレモルビダの2つ折り財布をレビューしました。

素材感は柔らかく、デザインはモダンで高級感のある仕上がりになっています。サイズ感は、少し大きいですがポケットにはすんなり入るサイズとなっています。

気になった方は、この機会にお試しください。ブロガーのtomoでした。

メリット

  • 上品な型押しと柔らかい肌触り
  • ポケットに入れやすいサイズ
  • 色展開が豊富

デメリット

  • 入れすぎると分厚くブサイク
  • 少しサイズが大きい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です