【30代40代】メイデンボヤージュの最高トートバッグ3選

tomo
tomo

こんにちわ!!4万人以上に見られているブランドをわかりやすく解説している服マニアのtomoです!!

成熟した大人たちに向けて誕生したバッグブランドで、イタリア語で“柔らかな肌(革)”という意味をもつ『ペッレモルビダ』。


優雅な船旅をコンセプトに上質でいて、長く使えるようなシンプルなデザイン。そして高く見えるのに、高すぎない価格帯が最大の魅力。

今回はスタンダードラインであるMaiden Voyage(メイデンボヤージュ)に絞って、最強のトートバッグを紹介します。

【大人が持つべき最強仕事バッグ】




メイデンボヤージュとは?

まずは、Maiden Voyage(メイデンボヤージュ)について紹介します。こだわりポイントは、オリジナルレシピで開発したシュリンクレザー。

引用 ペッレモルビダ

皮革生産地である姫路松原地区で開発したやわらかなシュリンクレザーで、日本の革職人ならではの勘と知恵と技術を駆使し、約40日かけて作られた革素材を使用しています。

person knitting brown leather textile
Photo by Kevin Menajang on Pexels.com

まず、丹念に下地を鞣し、乾燥後にさらに専用のマシーンでバタ振りをすることで上品で味のあるシボ立ち。

これがバタ振りの機械 引用元 https://note.com/mitu_artigiano/n/n08585891da26

またカラーリングは下地の段階からカラーごとに芯通し(革の中まで染める)する技法で、色の魅力を最大限に引き出しています。

最後に乾燥後、軽くアイロンがけを施し、表面の美しい艶が出るように調整して完成します。

引用 ペッレモルビダ
tomo
tomo

これだけ手間をかけたレザーを、シンプルに高級感のある仕上がりになっているのが、Maiden Voyage(メイデンボヤージュ)なのです!

【センスが光る】おすすめのトートバッグ3選

Maiden Voyage(メイデンボヤージュ)の中にも様々なあります。

その中でも、デザイン面でもっともセンスが光るものを3つ紹介します。

正直、この3つのモデルはダントツでデザインと使い勝手で圧勝なので、失敗することはありません。

MB076-ブリーフバッグ

引用 ペッレモルビダ

まずは、仕事にピッタリのNo. 1スマートなビジネスバッグ。カラーは4色展開となっています。

さらに、荷物が多い人にも対応した二室タイプと、一室タイプの2種類があります。

見た目は、自立する設計と革の柔らかさを楽しめる素材使い、そして曲線的なフォルムが艶やかな色気を演出しています。

tomo
tomo

もちろん機能性も抜群。

内側はファスナー付きポケット×1、ペンさし×2、その他ポケット×5。外側には、マグネットのポケットがを搭載。

引用 ペッレモルビダ

「似たようなモデルもありますが、なぜこのモデルがオススメなのか。」と思ったのではないでしょうか。

tomo
tomo

その理由は、もっともスマートな見た目のボデるだからです。

他のモデルは、外ポケットがファスナーになっていたり、持ち手を止めているところがやや大きく丸く縫製されているので変に目立っています。

他のモデル 引用 ペッレモルビダ

MB076は、マグネット式のポケットで持ち手の縫製をシュッとしたものにしてあります。

tomo
tomo

マグネットのポケットは、正面から見ただけではポケットがあるのか分からないほどです。

ビジネスバッグなら、このMB076が間違いありません。

MB055A-フラップトートバッグ

引用 ペッレモルビダ

次に紹介するのが、エルメスのバッグをオマージュしたようなフラップトート。

カラーは、BLACKを含めた5色展開。

このトートバッグは繊細で細めのハンドルなので、キレイめなスタイルにバッチリハマります。

引用 ペッレモルビダ

マチ幅が13センチなので、たくさんの荷物をスマートに持ち歩くことができます。

tomo
tomo

仕事や出張、プライベートな旅行、ゴルフにもピッタリなサイズです!

さらに高級感を出したいなら、クロコの型押しされているMB055AELEもあります。

tomo
tomo

このMB055Aがおすすめの理由は、圧倒的なデザイン性の高さです。

デザインをつけるとごちゃごちゃした印象になりがちですが、MB055Aは違います。

外にポケットを付けず極力シンプルにしつつ、フラップが良いアクセント。

トートバッグ出ないので今回は紹介しませんが、このモデルのボストンバッグはかなりカッコいいです。

引用 ペッレモルビダ

お洒落でありながら、様々なシーンで使えるのがこのMB055Aです。

MB059A-トートバッグ

引用 ペッレモルビダ

最後は、どんなシーンでも使えるシンプルな万能トートバッグ。

カラーは4色展開となっています。

シンプルな作りですが、容量はA4サイズが余裕で収納できるサイズ。なので、荷物はしっかり入ります。

さらに、上部はファスナーがついているので、カバンの中が見えないの嬉しいポイント。

引用 ペッレモルビダ
tomo
tomo

おすすめ理由は、デザインの良さと機能性がありながら、価格が6万円を切るところです!

持ち手の縫製はMB076の良さを取り入れつつ、高級感はそのまま。

それでいて、商品価格が¥58,300税込(2024年5月現在)。

なので、エントリーモデルとしてはもっとも最適なのがMB059Aなのです。

まとめ

今回は、Maiden Voyage(メイデンボヤージュ)の、最強のトートバッグを紹介しました。

引用 ペッレモルビダ

シンプルで長く使えるデザインでありながら、見た目から伝わるこの高級感。

そして、コスパの良い価格で手に入れることだできます。

正直、今回紹介した3つのトートバッグよりもかっこいいバッグはいっぱいあります。ですが、トータルデザインと高級感で価格を見た時には、コスパ最強バッグと言えます。

仕事や出張、旅行にも使える万能バッグをこの機会にお試しくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です